祭りの小技 3/5:本美之主貝

CIMG3981.jpg

地元名産として売り出し中の「本美之主貝」。地産地消に協力と言うことで地元の漁協に頼んで、屋台を出してもらった。焼き蛤とよく似た焼きホンビノス。焼けたところにポン酢醤油をたらして食する。これがうまい。酒のアテにはぴったり。

昨年のクリスマスイベントに引き続いてだけど、前回は余ったので、今回は量を減らした。実は仕入れ値と売値が逆転していて、売れば売るほど赤字なんだけどね(苦笑)

しかし、女性陣にはなぜか人気なくて、今回も余る。食べにくいんだろうなあ。仕方ないので、打ち上げの時にボランティアのみなさんに持って帰ってもらった。後で聞くと、「ボンゴレ」にしたのが一番美味しかったという。新メニューにするかな・・・作る方は面倒だけどね。

祭りの小技 2/5:流し素麺

CIMG4213.jpg


毎年、祭りを遣っていると屋台や縁日などのメニューが固定化される。さすがにステージはいろいろと工夫しているが、そのほかについてはマンネリになりつつある。そんな中で今年は新企画で「流し素麺」。

世の中では、別段新企画ではないだろうけど、うちの祭りには初登場。小学校・中学校のPTA の「おやじの会」が協力してくれ、「流し素麺」が実現。

どうするのだろうかと見ていたら、本物の竹を切って2つ割りにするという本格的な樋を作ってくれた。樋を支える足場も木で組み上げていて、なかなかのもの。初めての試みなので、今回は様子を見ることもあって、無料にしたら、たくさんきたなあ(苦笑)。

とくに子どもたちは小学校のイベントで慣れているのか、上流の方に陣取ってたくさん食べていたなあ。食欲爆発だね。それでも、そうめんを大量に茹ですぎて、結局は余って打ち上げのときいにゅうめんにしていた。

祭りの小技 1/5:ステージの進行表示

CIMG4099.jpg

ステージの進行を表示するのに、PC + モニターを使い出して2年くらい経つかな。それ以前は、A3 の紙に印刷して、短冊にしてステージの横に張り出していたが、急な変更に対応するのに時間が掛かっていた。

ゲストルールに大きなテレビを入れたときに、「ステージのスケジュールを写しておこう」と思いついて実行してもらう。意外と好評。大きなテレビ(といっても、40インチ)だと視認性が高くて、離れたところからでも見えるのが良いらしい。もっとも私は老眼だから、関係ないが(苦笑)

コーラスを例を取ると、「今歌っている曲の題名」をテレビに流しておくと、知らない曲でも題名は解る。隣の人に聞かなくてもいいのだ。もっとも、最近は小学校で「唱歌」を習わないから、歌えないんだねえ。うちの娘も「からたちの花」、知らなかったものなあ。

そのうち、歌の題名だけじゃなく、歌詞もテレビで流そうかな。それじゃあ、カラオケになってしまうけどね(笑)

第13回防災委員会

CIMG0415.jpg

9時から防災委員会。防災マニュアルの検討。

問題点がはっきりとしてきた。現在たたき台として俎上に載せているマニュアルは、住民側と防災本部側とがごっちゃになっていて混乱のもとだ。

今期は「共助」が主題だから、今回つくろうとしているマニュアルには、住民の行動原則には言及しない方がいいだろう。マニュアルのタイトルも「防災マニュアル」ではなく、「防災本部マニュアル」として、防災本部の根拠、設置方法、仕事の分担などに特化した方が良さそう。あくまでも、本部に詰める人のマニュアルというスタンスでつくるべき。

委員の間でもいろいろ意見はあるが、概ねこの考えで行こうと受け入れてくれて、その立場に立ってマニュアルを改訂していかないとね。自助のステージはすでにパンフレットにして配っているのだから、重複はさけるべき。

それにしても、いろいろと検討することが多い。防災は奥が深い。
[15/09/12:土]

首都圏ニュース

CIMG4484.jpg

18:10 からのNHK首都圏ニュースで「帰宅困難者受け入れマンション」の特集。もちろんこんな時間に帰宅できないので、録画して後で見たのだが。

防災セミナーを取材していたクルーの作品だな。当然、当日のセミナーの講師や、全体を仕切ってい他知り合いの理事長さんが出ていた。私も3回ほど映っていたが、全部後ろ姿。失敗したなあ。地味な服だったのが敗因かな。もっと派手な格好していたら映してくれたのかも。

家族で見たのだけど、さすがに後ろ姿でもわかるらしく、「あっ、パパだ!」と娘に言われると、なんとなく嬉しいね。
[15/09/11:金]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。